骨盤

骨盤って、開いたり閉じたりするって知ってます?
で、女性の骨盤が最大に開くのは、出産のときですよね?もちろん。
産後に一番重要なのは、なんといっても、骨盤のケアです。
これをやらないと、骨盤サイズは大きいままですよ。

簡単にできる体操からでも良いので、がんばって体型を元に戻しましょう。

骨盤のサイズを戻す体操

1.イスに腰掛けて、膝を90度に保ったまま、足を床から3cm程度浮かせて、15秒間キープする。これを数回続ける。けっこう本を読みながらとか、テレビを見ながらとかでもできますよね?

これは、お腹まわり腹筋腰回りの筋肉などが、鍛えられて、出産時に広がった骨盤を、以前の位置に戻す効果があると言われています。また、お腹まわりやヒップライン、下半身などの体脂肪を燃焼させる効果もあります。

2.仰向けに寝て、一方の足の先を伸ばして、逆の足は反対にそらせる。かかとを突き出すかっこうですね?
そして、そのまま5秒間キープしてください。次に 反対も同様に行い、これを交互に5回繰り返してください。

その後、今度は両足のかかとを突き出した状態で、足を開いて(ハの字)に閉じてそのまま5秒キープしてください。

最後に、足を反らせたまま逆ハの字に開いて5秒間キープ。これもそれぞれ交互に、5回繰り返すして下さい。

3.骨盤をニッパー等をつけた状態で歩く。

4.ハイハイで部屋を歩き回る。

5.まず、足を前に投げ出して座り、次にヒップをを床からあまり持ち上げないようにして、腕を前後に振りながら、ヒップを使って前や後ろにも進む、ヒップ歩きをする。

6.歩くときはモデルになった感じで、1直線上を歩くように意識すると、普段あまり使わない足の内側の筋肉が使われ、足が内側に矯正され、骨盤がしまる効果がある。
また、常に、足の裏の内側に重心をかけて立つようにして常に内側重心を心がけのも効果がある。

7.イスに座るときは両膝がくっつくように意識する。
posted by リサ at 01:26 | 産後体操を極める
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。