お腹まわり

産後の気になるお腹まわりを元の体型にもどす体操


1.まず、うつ伏せになって腕立て伏せの状態で、顔を右に向けて足先を見る。この時、脇腹に意識を集中してください。左右それぞれ10回やってください。

2.次に、いわゆる膝を立てた三角座りをして、腕をヒップの後側につき、足を床から15cm程浮かせ、浮かせた足をそろえて、床につけないままように曲げたり伸ばしたりを繰り返してください。

3.三角座りのまま、腕を前に伸ばし、ゆっくり後ろ側に体を倒していって下さい。そして5秒程度キープして、またゆっくり体を起こして戻してください。
 
次に右後方をのぞき込みながら体をねじるような感じで、同じようにゆっくり体を倒していきゆっくり起きあがることを数回繰り返してください。

4.ヒップ体操
立て膝をして腕を前に伸ばします。その時に両膝をつけてヒップを締めて、なるべくおしりにに力を入れて下さい。そして、そのまま、上体を斜め後ろに倒して側面から見たときに、英語のZの字になるようにし、腹筋、太もも、ヒップに効いたところで10秒程度キープして下さい。
次に腕を右に伸ばして、体をよじったまま、上記Z字のポーズを行って下さい。

5.いわゆる四つん這いになって、両手を床から離して、腕は前へ、足は後にピンと伸ばしてください。そして次に10秒キープしてから、今度は左手と右足を同じ様にしてください。この運動は妊娠中に弱った腹筋や背筋を鍛えてお腹回りを引き締めるのば目的です。
posted by リサ at 01:41 | 産後体操を極める
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。