インナーマッスル体操

骨盤足踏み
1.手を足の付け根にあて、骨盤の左右を上げたり下ろしたりするよう動かして下さい。
2.足はつま先をつけて、かかとを上げて下さい。このときひざは曲げないようにね!それから肩も上げないように気をつけて下さい。
 イメージとしては骨盤の左右を上下に引き上げる感じですね。
 それから絶対にお尻が横に振れてしまわないようにしましょう!
 これを行うと腸腰筋がより柔軟になって、普段の歩き方もしなやかになります。1日で最低20回は行ってください。


1.壁から約10cmのところに立ちます。ちっちゃなテープを張ったりすると便利ですよ。
2.背中を壁につけて、隙間の状態をチェックしてください。これ重要です。
 この時、背中が反り気味の人は、壁と腰の間にかなり隙間ができちゃうんです。
 逆に猫背気味の人は、お尻が壁から離れちゃうんです。不思議〜。これだけでわかっちゃう。
 まあ、どちらの人も、壁とお尻から腰の間に隙間が出来ないように、おへそに力を入れて下さい。
3.そのままひざを曲げて下さい。お尻と腰が壁から離れないように意識してくださいね。
4.5秒くらいかけて、ゆっくり静かに息を吐きながらひざを曲げ、今度は息を吸いながら5秒くらいかけて元の体勢に戻って下さい。
これを10回行うと、背骨・腰のインナーマッスルが鍛えられて、姿勢がよくなります。
posted by リサ at 15:54 | 産後体操を極める
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。