産後体操の前に

産後体操を行う前に、必ずストレッチを行いましょう。

ストレッチとは、関節の動作をスムーズにする目的で、筋肉などの組織を引っ張ったり、
伸ばしたりする運動のことをいうらしいです。

でもってこの効果ですが、ストレッチを行うことで体が柔軟になり、
体操を行う際にも動きを自然に行うことができる、ということです。
硬直化した体でスポーツを行うと、脳で考えた動きに体がついてこない瞬発力が欠けた状態になってしまうだけでなく、
捻挫や肉離れを引き起こしやすいなど危険な状態であるため、スポーツを行う際には柔軟性が必要となってくる。
という効果もあるらしいです。

しかしストレッチを行いすぎることは逆に体にとって良くないことである。ストレッチにより無理に体を伸ばそうとすれば神経細胞を傷つけてしまうこともあるほか、筋肉を構成する細胞に過度の負担をかけ、傷んだ細胞の回復能力をも低下させることに繋がることがある。そのためストレッチはあまり力を入れすぎずに、段階を踏みながら自分に合ったストレッチを行うことが重要である。

ともあるので注意してください。

でも、いきなり体操を行うのではなく軽いストレッチから入るのは良いですよね?
タグ:産後体操
posted by リサ at 17:51 | 産後体操を極める
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。