ベリーダンス知ってます?

ベリーダンスはアラブ・中東諸国を発祥の地とする民族舞踊を基盤とし、アメリカやヨーロッパでショーダンスとして発達してきました。ベリーダンスは美しくエキゾチックで創造性に富み、女性ひとりひとりが本来もっている豊かな個性が輝く踊りです。
ベリーダンスはエジプト、トルコ等アラブ全域で踊られる女性による即興のソロダンスとして有名です。腹部や腰をくねらせて踊るため、Belly(腹部)Dance(ベリーダンス)と呼ばれています。

ベリーダンスで使用されるほとんどの基本的なステップやテクニックは、体の部分ごとに分かれた円運動です。つまりは腰や肩を床と平行に別々に動かすのです。

ベリーダンスは心肺能力にもよい働きをもたらし、身体の柔軟性と強靱さを増強させ、身体を引き締めますが、脚の筋力形成にもよい影響をもたらします。
多くのベリーダンス・スタイルは筋肉の「孤立した動き」を強調するため、ダンスを学ぶことで様々な筋肉や独立した筋肉系統の動かし方を習得出来ます。

ヴェールを使ったダンスは腕や肩、他の上半身の筋肉を鍛えることに繋がります。
ベリーダンスは健康促進プログラムの一環としても有名です。
循環器系統の完全なトレーニング効果と腹筋の強化をもたらす事が知られて以来、ダイエットプログラムの一環として、ベリーダンスは急速に広まっています。60分間みっちりと練習をこなすことで、330カロリー分のエネルギーが消費されるともいわれています。ベリーダンスが腹部の筋力と柔軟性を強化する、と言う側面にひとつのフォーカスが当てられてからは、ベリーダンスは、腹部のダイエットに優れ、更に女性特有の生理通や便秘症状にも効果があるといわれています。

基本運動

1.ベイシックヒップシミ−
ベリーダンスの基本的な動作で腰を振るわせる運動
(腰を左右交互に、上下に動かす動作で強く動かしたり、大きく動かしたり、細かく動かしたりします)

2.ベイシックショルダーシミ−
ベリーダンスの基本的な動作で肩を動かす運動
(肩を交互に前後させる動作でゆっくり大きく動かしたり、早く細かく動かしたりします)

3.ボディウエーブ
体全体をウエーブさせる運動
(胸からお腹を前から後ろにウエーブさせり、反対に後ろから前にウエーブさせたりします)

4.ヒップドロップ
腰を斜に上下に動かす運動
(片方の足を軸にして、反対の足は爪先で斜前に置き、ヒップを上から下に斜に落とします)

5.フィギュア8
ピップを8の字に動かす運動
(ピップを片方ずつ横に回転させて前から後ろに8の字を描いたり、後ろから前に8の字を描いたりします)
posted by リサ at 00:08 | 産後体操を極める
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。